こんにちは!2月担当の渡邉くみです。

先日、熊本市現代美術館で行われていた『エリック・カール展』に行ってきました。
エリック・カール絵本美術館からの
「絵本原画の展示を通して2016年熊本地震の復興の手助けをしたい」という思いを受け
50点ほどの原画・作品が選出され展示されているそうです。(2018年210月〜3月5日)

みなさんもご存知「はらぺこあおむし」は娘も大好きで、とてもお世話になりました。
穴に指を入れグリグリしてしまうのでうちの本はボロボロでテープがたくさん貼ってあります
特に最後のページが好きで、手を叩いて喜んでいました。
あの頃は可愛かったです。今はイヤイヤ絶頂期・・・頑張ります。
話を戻します。。笑

絵本に穴を開けたのは幼い子どもたちにも「触れる本、読めるおもちゃ」を作りたいという
カールさんのアイデアだそうです。
そもそも「はらぺこあおむし」はアメリカで印刷・製本してくれる会社が見つからず、
日本を訪れ、日本のある会社が引き受けてくれて本になったそうです。
そんないきさつがあったというのも今回初めて知りました。

他にも「パパお月さまとって」もお気に入りで何度もパパに読んでもらっています。
カールさんの絵本は色鮮やかで素敵な絵本がたくさんです。
読まれてる方がほとんどだと思いますが、みなさんも是非また読み返して見て下さい!

今月の担当は渡邉でした。来月もお楽しみに★