熊本地震から1ヵ月が経ちました。
自分自身も、被災者として、この日々を過ごしてきて考えることや感じることが多くありました。
皆様、お疲れが出ておりませんでしょうか、営業課4年目の關です!
今回の震災で、熊本の各地域で多くの方が戸惑い、今も困難に直面していると思います。
まさか自分が被災者になるとは、と誰もが思ったのではないのでしょうか。
私も、地震発生から今に至るまで、まるで夢を見ているようでした。
これからのこと、大切なひとたちのこと、会社や仕事のことなどを考えて
目には見えない不安が、自分の周りにふわふわと浮いていて、いつもの景色がぼんやりとした様です。
人は、窮地に陥った時こそ大切なものがわかると、どこかで聞きました。
話が逸れますが、私は普段の生活では、あまり物を増やさず持たない様、
自分にとって必要なものは何かということを心がけています。(いわゆる片付けの断捨離のようなものでしょうか)
もし緊急事態に家から出ないといけない時には、何を持ち出そうかなーなんてことを
以前考えていましたが、その時は、とりあえず財布と、Mac bookとiPhoneはとりあえずいるなー、それから、、、というような感じでした。
2回目の大きな地震で、飛び起きた時、持って逃げたのは、財布とiPhoneだけでした。
玄関に向かう途中、一瞬、Mac bookを、、と思いましたが、大事なのは命だとはっきりわかりました。
もちろん大切な思い出は、たくさんありましたが、生きてさえいえればいつでも思い出せて
これからも作っていけると、その時に感じました。
いつも心がけていても、自分にとって大切なものは、なかなか分からないものですね。
皆さんの大切なものは、何ですか。
追記:熊本も皆で頑張っていますが、個人的には大分も心配です。
休日には、湯布院とかに行ってみようかなー!支援には、いろんな形がありますよね!
自分が、できることを少しずつしたいですね!


今月の担当は關でした。来月もお楽しみに★