西日本を襲った豪雨は平成最悪の犠牲者を出し、広島県や岡山県を中心に甚大な被害を出しました。
衷心よりお見舞い申し上げます。
現地で何かお手伝いをと考えますが、初老の身となり別の方法でお手伝いさせていただきたいと考えています。

さて、FBの中の同級生3人で久々にクラス会をやろうと言う話になり、場所と日時を決めるために、
居酒屋をやっているM君の店に6時半に集合して4〜5人集まり飲みながらの会議をすることにしました。
僕は10分前に到着し店のドアを開けた時、奥に2人のハゲと白髪の爺が飲んでいるのが見え、
こんな年寄りも飲みに来るのか日本も平和だなあ〜と思っていました。
店の大将から〇○達はもう来とるよと言われ振り向くと、なんとあのハゲと白髪、席に着き、
何や「歳とって見苦しか」と言うと、人に言えるか「お前も一緒た」の返事。
自分のことはなかなか見えないものです。
場所は五家荘の佐倉荘に決定、ここもクラスメートがやっている民宿で、
彼は平家の落人で??天皇から数えての48代目なのです。
熊本県が造った「平家の里」の年表に彼の名前が最後に載っています。
さてさて、時間の経過と共に話の内容はそこらの爺と同じく、
病気の話から始まり、薬・孫・年金・他に話はないのかと思ってしまいます。


今月の「ちょっと一息」担当は守島でした。
来月もお楽しみに!!